自費出版をする前に

自費出版をする前に

このサイトでは、自費出版を行う際に役立つ知識や、出版までの流れ、疑問・質問などを幅広く解説しています。
出版するまでのやり方は?出版社との関係は?印税はどのようになるの?普通の出版と何が違うの?など基本的なところから、しっかりと説明しているのが特徴です。
「自費出版に興味があるけど知識が無い」「なんだか難しそうで分からない」そんなお悩みを解決し、失敗やトラブルにならないために必要不可欠な情報をお届けしています。

自費出版とは

自費出版とは 自費出版とは字のごとく、著者が出版にかかる費用を負担して本を出版することです。
一般的な書籍等は、出版社が費用を出して作り、取次業者を経て書店で販売されます。
自費出版の特徴は、そうした本来なら出版社が負担する費用を自らで出し、執筆・編集・印刷・販売を行う点にあります。
費用を自らで出す分、内容は自分の好きに書くことが可能なところも特徴です。
また共同出版と言われる、出版社が費用を一部負担して行うものもあります。
利益は見込めないが、著者が費用を出すことで出版を可能にするものであり、協力出版と呼ぶところもあります。
最近では商業出版社でも自費出版の取り扱いや、インターネット上で電子版の出版も可能になりました。

自費出版の仕組み

自費出版の仕組み 自費出版とは、著者がその制作費用を負担して書店に本を置いてもらうものです。
製本料金などを全て自分で賄うために、相当額の費用が必要となるのが特徴です。
そして販売するにあたり、自分で本屋に売り込む必要もあります。
出版不況とは言われますが、出版数自体は膨大な量があるために、簡単には販売スペースを確保できない点には注意が必要です。
そのために、自費出版はどの出版社に頼むのかも大事なポイントになります。
通常の出版社とは異なり、自費出版の 場合は本を制作するだけで出版社には利益が入る仕組みとなっています。
そのために書店への売り込みをきちんと行ってくれるような出版社を探すことが必要です。
自費出版は売れればその分だけ著者に売り上げが入る仕組みとなります。
売れなければ制作費用の分だけ赤字となるわけです。
商業出版社は売れなければ自分達の利益が確保できませんが、自費での出版となれば制作した時点で利益は確保されます。
そのために基本的には著書に対してコメントを入れたり赤字修正をすることはありません。
つまり著者自身が内容をしっかりと推敲し、誤字脱字などのチェックも行う必要があります。
手間がかかりますが、ヒットすれば大きな利益が入るものでもあります。

情報リンク

プライム倶楽部(プライム共済)

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「自費出版」
に関連するツイート
Twitter

【販売店さま募集中】自費出版の屋上遊園地の写真集などを置いていただけるお店を募集しています。日本全国・世界各地でもOKです。 ご連絡ください!

Twitterフジオパンダ/屋上写真家@FujioPanda

返信 リツイート1 1分前

RT @matobook2016: 創作自費出版を委託販売しています 現在9冊とグッズ5種です よろしくお願いします ◆同人誌通販のアリスブックス alice-books.com/item/list/all?… About Overseas shipping https://t.co/cfR…

自費出版っでビックサイトとかで売るのではだめなのだろうか #ゲゲゲの鬼太郎

御社のPR・集客等に『本』出してみませんか? 自社の本を制作し、全国書店に並べたり、営業や研修に使用することで、認知度UPや信頼度UP、集客から採用まで、大きなメリットが期待できます! まずはお気軽にご相談ください!→jihishuppan.wisdombook.biz #自費出版

Twitterウィズダムブック社@wisdombook2015

返信 リツイート 8:16

例えば、ワインに興味あるリタイアシニアが、フランスのワイナリーを巡回したい、それでJTBのパリ支店とかフランス国内の旅行会社が、ワイナリーのオーナーに話を付ける。そのシニアはワイナリーを2週間巡礼して、その結果を自費出版する。そんなイメージ

今の旅行会社の商品は、「紀行文を自費出版する」という目的にカスタマイズした商品を出してない/これ、「旅行して、その様子を紀行文にまとめて出版しませんか?」という出版まで纏めたワンストップパッケージの旅行商品があれば、案外受けるんじゃないか?

言い方を変えれば、2週間の旅行を出来るのは、「紀行のプロ作家」か「フリーター」か「リタイアシニア」しか出来ない。フリーターは自費出版するカネが無いから、紀行文の供給元としては、結局紀行のプロ作家がメーンとなる

RT @Asiancinema_Kan: どこか心ある出版社さんはないですか? 「製本での出版は、自費出版では意味が無い。この句集はメジャーにしなければいけない。 天野健太郎句集を出版してもらえる出版社をどうさがせばいいのか、さがす方法も分からない。」 | 天野健太郎句集…

忙しい日本人だと、2週間の連続旅行をする人も、14回も同じテーマの旅行をする人も、なかなか少ない。だから、紀行文の自費出版が供給過剰になることも、ないということか。

単に「2週間でブリテン島一周」なだけだと、自費出版は可能だが、商業出版としては出版社は興味示さない。ブリテン島を「自転車で一周」とか、ブリテン島の「パブリックバーを巡礼」とか、商業出版にするには「一捻り」が必要

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.