自費出版をする前に

自費出版をする前に

自費出版と印税の関係

自費出版と印税の関係 自費出版は作者自身が出版化にあたって全額負担しているので原則として印税は発生しません。
ただし自費出版の売り上げによる出版社の介入で発生するケースもあります。
まず出版社が一般でも販売可能と判断して本の部数を上乗せした場合と 出版した本を増刷する際それを出版社が負担した場合です。
どちらも介入した部分のみに税が発生します。
もし出版社が増版などを負担した場合その部分だけ 発行部数×定価×印税率(3%〜10%) の式でどれくらいの金額なのかを試算することができます。
また一冊めからは税は発生しません。
ただし元々が自費出版なので一般的に 売れる見込みは低いので税が期待できたり 売れる事自体稀なケースとなります。
その一つがその作りが作者自身の満足のための仕様になっている事です。
また売るために作ったとしてもチェックするのが作者自身のみである事も 本自体の質が低く出来上がる率が非常に高くなっています。
なのでよほど著名な人の制作でないと売れる見込みは非常に低い点が挙げられます。

自費出版はどれぐらい儲かる?

自費出版はどれぐらい儲かる? 昨今、電子書籍の活発化や出版社が提供する出版サービスなどの普及によって、プロとしてデビューした作家以外にも自費出版を行う人が増加しています。
しかし、自費出版を行う上で気になるのが、どれぐらい儲かるのかということでしょう。
自費で出版するわけですから、最低限、その費用だけは回収したいと考えている方もいるはずです。
結論からいえば、自費出版はよほどのことがない限り、儲けが出ることはありません。
売れたとしても、出版する際にかかった費用が回収できる程度ということが多いようです。
その理由は、やはりアピール力のなさにあるといえます。
自費の場合、一般書籍と比べて、多くの方へ著書をアピールする場所がほとんどない上に、書籍として書店に置いてもらえる可能性も低くなります。
そのため、どうしても手に取ってもらう機会が少なくなってしまうのです。
ただし、最近はほとんど費用がかからず電子書籍として自分の作品を販売できるサイトなども増えていますので、そうしたところで出版し、SNSなどを活用して宣伝をすれば儲かる可能性もあるといえます。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 印税」
に関連するツイート
Twitter

RT @WindsScore: 【お知らせ】P.スパーク氏がこの度の震災に対する復興支援として新曲「陽はまた昇る」を発表しました。同氏は販売元であるDe Haske社と共に、この楽曲の出版印税を含む、全販売収益を寄付するとしています。詳細⇒http://bit.ly/fWp0B…

Twitterポンゴロー@つぶあん派(CV:市原悦子)@20101223pongoro

返信 リツイート 2:32

RT @TAK_MORITA: 先日印税5%の仕事を某大出版社の某大雑誌の編集長からふられたのですが、途中で印税率交渉をしたら、呼び出されて「印税は漫画家が口を出すことでは無い」と言われ、30秒で決裂しました。そこまでの作業のギャラも当然ナシ。ちなみにKindleは印税70%で…

RT @itagakishika: >今村大将も戦後、回顧録を出版し、その印税はすべて戦死者や戦犯刑死者の遺族に分配 今村大将が、戦時中、死地に赴かせる命令を部下に発せざるを得なかったこと、生きて日本に帰国させてあげられなかったこと、に対する贖罪の意識からの行動・・・とされて…

その昔「ベンチがアホやから野球が出来へん」の名言を残して現役引退の後、球界暴露本を出版した江本孟紀氏は印税その他で現役時より遥かに莫大な収入を得たと聞いた事があります。「〇〇がアホやから政治が出来へん」からの内幕暴露の商売は最初にやったもん勝ちですよ。中の事情に明るい人達よ。

知り合いのマンガ家から「出版社の利益構造が変わって儲かっているのであれば、電子にしろ版権ビジネスにしろ見直して、もっとちゃんとクリエイターにお金が入る仕組みにすべき。印刷部数×印税というわかりやすい仕組みではないからブラックボックス過ぎる」という真っ当なご意見をいただく。

「ブロックチェーンを使った分散型金融」についての入門書を書きたいな。 広く知ってほしいので、紙の本で。まだ類書は出てません。印税はどうでもいいや。 出版に興味がある編集者の方がいたら、ディスカッションしましょう!(2019.8.15)

なんか印税用の口座にJASRACから少し振り込まれてたのでたんぽぽ来た。JASRACがぼったくってるのは音楽を使う側で我々著作者の権利を守ってくれてるんだからギャーギャー騒ぐクリエイターの気が知れない。間にプロダクションや出版社を挟むから話がややこしくなるんだよ。それも無知だから。

Twitter平朝臣 小松 内大臣 純也 悠盛 正二位@komatsujunya88

返信 リツイート 昨日 17:23

平尾台って歩いたらなかなかいいとこあるね🤤 登山家になって本を出版して印税で暮らそうかな。 pic.twitter.com/N6XILmx1X4

RT @kurobarawaltz: @gentosharr 最低保証印税がおいくら万円かくらい募集要項に明記すべきじゃない…? ちなみに多くの出版社では40万円が相場だよ…。それともまさかとは思うけれど、電子書籍のみなのに実売印税なんてことはないだろうね…?ớ ₃ờ

Twitter灯宮義流(ヒミヤ ヨシル)@一次創作小説『羽村さん』本編完結&公開中@himiyayoshiru

返信 リツイート 昨日 13:57

返信先:@kumagorou9 ボードゲームは恐らく出版物扱いでしょうから、裁判にでもなれば明確にカフェは白、レンタルは黒って具合になりそうですね😗 なんでも規制するのはどうかと思うんで、著作権者に印税報酬が入る仕組みがあれば良いんですけどね😀

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.