自費出版をする前に

自費出版の所得税の考え方

自費出版の所得税の考え方

自費出版の所得税の考え方 自費出版で得た収入には、所得税が発生します。しかし損をしてしまうケースもあるので注意が必要です。まず所得税とは所得に対してかかる税金なので、支出が収入を上回ってしまった場合は、基本的に課税されません。ただし自費出版による収入は、10種類の所得の中でも雑所得に分類されており、損益に関係なく税金がかかってきます。
そのため収益から経費を引いてマイナスになってしまった場合でも、税金が発生します。また勤めている人なら会社側が年末調整を行ってくれますが、出版で得た雑所得を会社が処理することはないため、自分で申告することになります。
この雑所得に分類されるのは自費出版による収入だけでなく、著作権の使用料収入なども含まれ、常に所得税の申告が必要です。
しかし、給与所得や退職所得を除いた所得が20万円以下の場合は、申告する義務はありません。
つまり自費出版による収益が20万円に満たないなら、申告は必要ありません。

自費出版の本の売り上げに関する税金について

自費出版の本の売り上げに関する税金について 自費出版で出した本が、無事人の目に留まり、購入してもらえるようになると売上や、印税(利益)が発生するようになってきます。
となると、ここで絡んでくるのが税金の問題。本の売り上げに関する税金について、簡単に説明させていただきます。
結論から申し上げますと、自費出版の本によって利益が出ていた場合、その利益に対して税金を払わなければなりません。
厳密には確定申告が必要なレベルでの利益が出ていた場合には、その申告、納税の義務が発生する、という形になります。ここでポイントとなってくるのは、利益が課税対象になる、という点です。自分に入ってきたすべてのお金に対して課税がなされるわけではなく、そこから出版にかかった経費を引き、なお(一定金額以上の)黒字であった場合には税金支払いの義務が発生する、という形になります。
特にウェブではなく紙媒体で出版を行った場合には多くの経費がかかりますので、総合で赤字なのに支払わなければならない、ということではありませんので、ご安心ください。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 税金」
に関連するツイート
Twitter

高〇先生、マジレスするとたぶん税金の取られ方がえげつないからなんだろうなあ…出版社からも新人育成()費用搾り取られてまあキレるのもわかる。

Twitter尻穴ウォッチャー山田@sirianawatcher

返信 リツイート 14:12

来日したかったノネ☀️(=^ェ^=)。 出版は困難ヨ☀️。 お仲間が、図書館に申請し、日本の税金で購入するのは、止めマショ☀️。 あれだけ来日を拒否られたノニ☀️。

返信先:@GiantGox こんにちは アマゾンの出版サービスですが、米国のサービスなので米国に税金を取られると聞いた事があります。その問題はクリアされましたか?

Twitterみゆき;全原発即時0! 再稼働反対!!@SuperMiyuki

返信 リツイート 11:12

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter(非公式)芦屋納税@Nouzei_A

返信 リツイート 7:43

いい話ですね。税金対策で詩誌出す出版社(笑)。木原孝一が「リアル」でどんなキャラだったのか非常に興味深いです。ぼくもいちど説教されてみたかったかも笑。

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter(非公式)芦屋納税@Nouzei_A

返信 リツイート 昨日 5:43

RT @kazuyukineko17: 佳子さま、児童出版賞の式典に 飯舘村記録の絵本に感想 お約束のアヒル口。アヒル口皇族。 『一個人が大事な皇族』を女性宮家にして、年間3600万円の国税を配給し、結婚相手まで税金を配給し、一生涯養うシステム(女性宮家)は悪夢でしかない。…

ほんと漫画家って薄給かつ自転車操業だし将来の保障も何にもないのよね。人生を削り出すみたいにして作品を生み出してきたのに、ある日いきなり書けなくなっても出版社も編集も誰も助けられない。売れててもどかどか税金取られるし、書けなくなる日がいつ来るかなんて、誰にもわかんないんだよなあ。

RT @kazuyukineko17: 佳子さま、児童出版賞の式典に 飯舘村記録の絵本に感想 お約束のアヒル口。アヒル口皇族。 『一個人が大事な皇族』を女性宮家にして、年間3600万円の国税を配給し、結婚相手まで税金を配給し、一生涯養うシステム(女性宮家)は悪夢でしかない。…

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter(非公式)芦屋納税@Nouzei_A

返信 リツイート 7/14(日) 15:43

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.